代謝酵素を節約するための具体的な方法

代謝酵素を節約するのもなかなか大変です

代謝酵素は細胞の再生、免疫機能の維持などの働きがあります。

この代謝酵素が減ってくると免疫機能が低下し病気になりやすくなります。

これでは、困ってしまいますよね。

「なんとか代謝酵素を節約する方法ってないのでしょうか?」

実はあります。

それが、こちら

1、加熱した食事を食べ過ぎない
2、生野菜や果物をたくさん摂る
3、過食をしない
4、午後8時以降に食事をしない
5、農薬入りの野菜や果物を食べない
6、砂糖などの精製食品を避ける
7、インスタント食品や加工食品をなるべく食べない
8、電子レンジやミキサーは使わない
9、アルコールは控えめまたは飲まない
10、タバコを吸わない
11、高タンパク、高カロリー食を食べない
12、化学薬品はなるべく避ける
13、医療機器の検査はなるべく少なくする

結構ありますよね。

でも、なかなか実践するのが難しいと思うこともあるかもしれません。

この中の何項目かはメタボ対策や健康対策でもよく言われることです。

1は、夏など暖かい気候の時はよいでしょうが、冬だとなかなか大変かもしれませんね。また冷え性の人だと生野菜ばかり摂るのは冷えを加速する必要があります。

できれば生のものが加熱したものより多い方がよいのですが、自分の体質によって生で食べる量と加熱する量の割合は変えた方がよいでしょうね。

8ですが、電子レンジやミキサーは酵素を破壊するために使わない方がよいということです。ただ最近では、ミキサーには低速タイプがあるのでこれなら酵素を壊す可能性は低くなるはずです。

13の医療機器に関しては医療機器から電磁波が出ているので避けたほうがよいということでしょう。

電磁波を浴びると健康によくないという科学的な根拠はなかなかないのですが、少なからず影響があるという報告もあったりします。

つまり、まだ電磁波が健康にとってよくないというはっきりした証拠はないが、わからないので、避けた方が安全だってことです。

代謝酵素を節約することってなかなか大変ですが、毎日を健やかに、そして美しく生きていくためには、大事なことなんです。

これを続けていくと、歳をとっても若々しく美しくいられるはずですよ(^^)。