体内の酵素の節約方法

消化酵素を節約する

酵素の節約は私達の健康、寿命、若々しさなどに大きな関係があります。

だからこそ、酵素を節約したいものですよね。

では、

「どうやったら酵素を節約できるでしょうか?」

体内の酵素には代謝酵素と消化酵素があります。

代謝酵素は、身体を動かしたり、病気を治したり、老化を防止するなどの働きがありますが、これを節約するのはなかなか難しいことです。

ですから、もし酵素を節約するなら”消化酵素”ということになります。

自然に含まれる食品には、この消化酵素が含まれています(そのため、すぐに自然に変える)。

ですが、この酵素は一般に加熱すると破壊されやすい性質を持っています。

だからこそ、生で摂ることが大事なのです。

動物などは、生肉や生野菜をバリバリと食べますが、だからこそ、健康でいられるのです。

人間は、どうでしょうか?

動物に比べると生で食べ物を多く摂らなかったり、酵素がほとんどない添加物を含んだ食品を食べています。

こういう食生活だと、外から摂り入れる消化酵素は少なくなってしまいます。

ある民族は歯を磨かなくても虫歯や歯周病にならないそうです。

その理由をある学者が調べました。すると、彼らはは、自然の食べ物だけを食べていたことがわかりました。

ところがその民族の若い世代になると先進国などの食べ物を食べているせいで、虫歯ができたり歯並びが悪くなったしまったそうです。

酵素を摂らなくなってくると、歯の病気にもなりやすいのです。

体内の酵素を節約するためには、

できるだけ、自然で安全な食品を多く摂る

ということです。

野生の動物並みにはいかなくてもかなりの効果があるはずです。