便秘になると肌が荒れてしまう理由とは?

ゴミ屋敷は肌の大敵です

便秘もしくは便秘気味とは便が出にくかったり、出ても少なかったり、水っぽかったり、柔らかかったり、する症状です。

これは、腸の働きがよくないってことです。

ですが、多くの人は、便秘が普通になっており、あまり関係がないと思っているかもしれません。

しかし、便秘になると女性にとって嬉しくない肌荒れが生じてしまいます。

腸内にたまっている便は、ゴミです。不要なものです。

これが、たまっているとどうなるでしょうか?

腸内で腐ってしまい、有害物質が発生しガスが発生します。

これにより悪玉菌が増殖して、腸内環境は悪化します。

活性酸素が発生して、これが細胞に運ばれます。

体液は汚くなって、細胞が劣化します。

細胞の劣化=>肌荒れ

となるのです。

便秘解消への近道とは?

ですから、肌荒れしたくないなら、便秘ぐらいと思わないで、便秘を解消するようにすべきでしょう。

また肌荒れ以外にも、血液循環が悪くなることから、肩や腰のハリや痛み、頭痛や生理痛などにもなりかねません。

このような腸の状態だと、いくら美しくなるために外側を繕ってもだめです。

逆に言えば、腸内環境を整えて、正常にすれば、荒れたお肌も身体のいろいろな痛みも改善していくということです。

そして腸内環境を正常にするには、酵素食品をいっぱい摂ることが大切です。