消化酵素がたっぷりの食材

食べる時の付け合わせに酵素食品を

すべての食材には酵素が含まれています。

そして特にたくさん酵素が含まれている食材が野菜や果物ですが、その中でも消化酵素がとびきり多いのが、パイナップル、パパイア、キーウイなどです。

これらは、自分が消化する以上の消化酵素を持っています。

特にタンパク質を分解する酵素が多いために、肉類などと一緒に摂ることで、消化を助けます。

また、いちじく、パパイア、バナナなどは炭水化物を消化する酵素を含んでいます。炭水化物を摂る場合に一緒に食べるといいでしょう。

いくら消化酵素をいっぱい含んだ食品を摂るといっても、タンパク質や炭水化物などの食事をたくさん食べたら、消化しきれなくなります。

できれば、消化酵素の入った食材を多めに摂るのがよいでしょう。

比率としては、消化酵素が全体の7割が理想です。

また、この他に大根を使った大根おろしやキャベツや山芋などの消化を助ける酵素がたくさん入っています。

大根おろしやキャベツは、よく食べ物の付け合せなどにも利用されますよね。

昔の人は、理屈は知らなくても、酵素食品を付け合わせすることが身体によいことがわかっていたのです。

肉や炭水化物を食べる時には、意識的に消化酵素をたくさん摂るようにしたいものです。