現代人はビタミン不足

ビタミンは酵素が働くのにとても重要です。

酵素の働きを補う役割を果たしているからです。

しかし、この大切なビタミンが、現代人に不足がちです。

飽食なのにビタミンが不足しているのは、天然で生の食べ物を食べなくなったり、食生活が乱れているためです。

また、生のものでも農薬や有害物質が食べ物に入っていると酵素は少なくなっているので、食べたとしても摂れる量が少なくなります。

また加熱処理した食品を多く摂るのでビタミンを摂る量が減ってしまうのです。

*加熱するとビタミンが減ってしまう

ビタミン不足が健康と美容を阻害する

では、ビタミンが不足するとどのような症状になるのでしょう?

<ビタミンAの不足>
・ニキビができやすい
・口内ができやすい
・皮膚のツヤがなくなる
・肌のかさつきやひび割れ
・目の乾燥、飛蚊症

<ビタミンBの不足>
・疲れやすい
・夢を見なくなる
・皮膚が敏感になる

<ビタミンCの不足>
・歯茎から出血する
・肌が荒れる
・白内障
・風邪を引きやすい

<ビタミンDの不足>
・丈夫な骨が作れない

<ビタミンEの不足>
・更年期障害
・老化
・妊娠や授乳の不良

<ビタミンKの不足>
・骨粗しょう症
・血が止まらない
・鼻血
・大腸の炎症

他にもビタミンがたくさんありますが、大事なのは、ビタミンの働きが大事であることを知り、意識的に適切な量のビタミンを摂ることです。

そのためには、何よりも食習慣をよくすることです。

これをおろそかにすると、年齢を重ねた時にしっぺ返しがやってきます。

自分の健康と美は自分で作るという姿勢が大事ですよ(^^)。