美味しい酵素ジュースを作る方法

酵素ジュースを作って味わってみて

・水分が少ない
・甘味があまりない
・水分も甘味もない
・香りが少ない
・食感が物足りない

このような不満があると、美味しさが感じられません。

では、どうしたらこれらの不満を改善して、美味しい酵素ジュースを作れるのでしょうか。

その方法がこちらです。

水分が少ない場合

水を入れる:全体の濃度が下がって、飲みやすくなります。
果汁を入れる:甘酸っぱい味になります。
豆乳を入れる:味がマイルドになります。

甘味があまりない場合

リンゴを入れる:酸味と甘味が加わり飲みやすくなります。
バナナを入れる:とろっとして、甘味が加わります。
ハチミツを入れる:ハチミツの香りでまろやかになります。

水分も甘味もない場合

グレープフルーツを入れる:酸味とさわやかな香りが加わります。
オレンジを入れる:さらっとした甘酸っぱさが加わります。
ぶどうを入れる:控えめの甘さが加わり、喉越しがよくなります。

香りが少ない場合

レモンやライムを入れる:さわやかな香りと清涼感が加わります。
ミントを入れる:爽快感が加わります。
ココアを入れる:チョコ風味の甘味が加わります。
シナモンを入れる:スパイシーで刺激的な香りが加わります。
きな粉を入れる:ほのかな甘味とコクが加わります。

食感が物足りない場合

アーモンド、ナッツを入れる:歯ごたえと香ばしさが加わります。
くるみ:香ばしい風味と飲みごたえが増します。

追加する場合は、計量する必要はなく、味見しながら加えていきます。

メインの素材にちょっとした工夫をするだけで、酵素ジュースの美味しさが格段にアップします。

お試しください。