身近な酵素、「アルファーアミラーゼ」

唾液はただものじゃないですよ

私達にとって最も馴染み深い酵素があります。

それは、唾の中にあります。

唾とは口の中からでてくる唾液のことです。

この中には「アルファーアミラーゼ」という酵素が入っています。

この酵素は、デンプンを分解して糖に変えます。

ご飯やパンなどをよく噛んでいると甘くなってきますよね。

これは、アルファーアミラーゼが働くことで、テンプンが糖に変わったので甘く感じたのです。

唾液があるのは、なるべく胃の負担を軽くするためでもあります。

あらかじめ糖に分解しておくと胃の消化に酵素をたくさん使わずに済みますからね。

酵素があると複雑な工程を軽々とやってしまう

糖になると今度は胃の中にある酵素「ペプシン」が働いてさらに分解が進んで小腸へと入っていきます。

最終的に、ご飯やパンなどの炭水化物はグルコースなどになり、タンパク質はアミノ酸にまで分解されて、小腸の内壁にある絨毛(じゅうもう)から吸収されます。

栄養分は血液によって各細胞に運ばれます。

このような一連の流れが身体の中ではスムーズに進んでいきます。

細かく酵素の働きを見ていくと複雑なことを軽々とやっているんですよね。

私達人間は、酵素がどのようない働いているのかなんて、普段は、意識しないことですが、こうやって調べていくと、思わず感動してしまいますよ(^^)。