酵素とはどんな物なのか?

酵素という言葉、最近よく聞く言葉ですよね。

でも、

「酵素って一体どんなものなのかを知っていますか?」

・身体によさそうなもの
・化学的な物質
・etc

たぶん、多くの人が酵素に対して曖昧なイメージを持っているのではないでしょうか。

酵素は

「生命活動に関わる物質で人間や植物などに含まれているタンパク質の一種」

です。

あらゆる生命が酵素を持っています。

こう説明してもなんだかわからないという感じかもしれません。

実は酵素がどのようなものなのか全貌はわかっていません。

とても大切なもので、酵素がないと生命を維持することができない物質だということはわかっています。

酵素が注目され出したのは最近ですが、人は、酵素の働きがよくわかっていなかった昔から酵素を利用して、健康を維持してきました。

最初に酵素を注目したのは、アメリカのエドワード博士です。それ以後、酵素は次第に注目され始めました。

「酵素がないと生命活動は維持できない」

酵素が様々な栄養素(炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、etc)と決定的に違うのは、「生命力がある栄養素」だということです。

酵素がないなら、人は生きていけません。それほど大事なものなのです。

でも、酵素の大きさは、だいたい5~20ナノメートル(1ナノメートルは、1ミリの100万分の1)というとても小さな大きさです。

一般的には熱に弱くて(高温や低温でもよく働く酵素もあります)、加熱すると働きが失われます。だから酵素の摂り方も大事です。

酵素は、動植物などのあらゆるものに存在していることからもわかるように、命を司るかけがいのないものと言えるでしょう。