酵素と発酵の違いとは?

酵素と発酵ってどんな違いがあるのでしょう?。

どちらも、”酵”という文字が入っているので関連はありそうですよね。

酵素とは、

「生命活動するために必要な化学反応の触媒」

です。

一方、発酵とは、

「微生物を利用することで、食品を新たに作り出すこと」

です。

発酵させるためには、微生物が必要

微生物は酵素を作り出して、発酵させます。

微生物がいるからこそ発酵食品が作られ、私達人間はその恩恵を手に入れることができるってことです。

微生物は、いろいろいます。

例えば、

・日本酒は麹菌
・ヨーグルトは乳酸菌
・納豆は納豆菌
・パンは酵母菌

が発酵の時に働く微生物です。

発酵と腐敗の違い

発酵も腐敗も微生物により、分解されることですが、発酵の場合は、一般的に人間にとって有用な物質に分解され、腐敗は、人間にとって有用でない物質に分解される作用です。

例えば、納豆は大豆が発酵したものですが、人間にとっては栄養価の高い有用な食べ物です。一方、単に大豆が腐ってしまったものは、アンモニア臭がする不要な食べ物となります。