酵素と食べても、酵素の働きをしない

食物の酵素を摂っても意味がない?

美容や健康のためには、

「酵素を含んだ食品をたくさん食べたほうがよい」

と言われます。

でも、酵素をいくら摂っても摂った酵素が酵素の働きをするわけではないんです。

「えっ」

って思いましたか?

食物から摂った酵素はそのまま働くのではなく、いったん分解されるのです。

そして、その分解された成分が元になって酵素を作り出すのです。

だから食べたり飲んだりすることは大事なんですが、それは酵素を作り出す材料が必要だからってことなのです。

だったら

「どんな食べ物でもよいのでは?」

と思いますよね。

そこは違うのです。

身体の中で酵素を作り出すには、ビタミンやミネラルがいるんです。

だから、酵素をたくさん含んだ野菜や果物が必要になるんです。

しかも、新鮮なほどビタミンやミネラルは豊富ですからね。

まとめると、

・身体の中で酵素を作り出すために酵素を含んだ食べ物を摂る

ということになります。