酵素の力で作られるいろいろな発酵食品

微生物はまるで魔法使い

微生物が作り出す酵素により多種多様な発酵食品が作られています。

味噌、醤油、お酢、みりん、塩辛、納豆、漬物、パン、ヨーグルト、チーズ、バター、日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウィスキー、ピクルス、メンマ、コチュジャン、ヴィネガー、カツオ節、サラミ、ナタデココ、ウーロン茶、紅茶、etc。

ちょっと調べただけでもこれだけあります。

過去から現在までに、いかにたくさんの種類の発酵食品が作られてきたかがわかりますね。

発酵食品は、数千年前からあった。

メソポタミアなどでは、紀元前6000年代にすでに麦芽汁(現在のビール)が作られていたようです。

当時、発酵の仕組みはよくわかっていませんでしたが、発酵が人間にとって「食べ物の味がよくなる」、「健康によい」ということは理解していたのでしょうね。

現在では発酵は食品だけでなく、生活に関するいろいろな商品開発にも取り入れられるようになってきています。

今後も発酵食品や発酵を利用した商品は、さらに増えていくと考えられます。

今、抗がん剤など、がん治療役にも酵素が利用されているそうです。

個人的には、発酵により今まで治りにくいとされてきた病気への治療薬が開発されることを期待しています。