酵素はどのような働きをするのか?

酵素はすべての生命活動に関わっています。

酵素の働きは、

・食べ物の消化、吸収
・身体の動作すべて
・排泄
・ホルモンバランス調整
・新陳代謝
・内蔵の働き
・細胞の再生
・遺伝子の働き
・etc

まだまだその他にもたくさんあります。

ですから、”酵素の働き”と言っても多種多様であり、すべてを語り尽くすのは無理です。

ですが、酵素の働きを簡単に言えば

「生命活動で生じる化学反応の触媒となっている」

ということでしょう。

触媒とは、それ自体は変化せずに、反応速度を早めるように働く物質のことです。

簡単に言えば、

生命に必要な働きを助ける

お助けツール

と言うことです。

ドラえもんがのびた君を助けるお助けグッズようなものですね。

この酵素のお助け効果はとてもすごいものです。

例えば、尿素を分解するウレアーゼという酵素がありますが、この酵素が働くことで、尿素の分解の速さが10の14乗倍にもなります。

とてもつない速さであることがわかりますよね。

もし酵素がなかった、私達の胃の中で食べ物を消化するのに、どれぐらい時間がかかるのでしょう?

想像もつきませんがとても長い時間がかかったり、消化しきれないかもしれません(^^)。