酵素を含んでいる食べ物にはどんなものがあるか?

酵素はありとあらゆる動植物の中にあります。

つまり、どんな食べ物にも酵素が含まれているってことです。

でも、酵素を多く含む食品というものがあります。

それは、

1、野菜
2、果物
3、発酵食品
4、その他食品

です。

まず1の野菜。

新鮮な取りたての野菜にはたくさんの酵素が含まれています。

例えば、

レタス、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、大根、モロヘイヤ、トマト、パセリ、パプリカ、ピーマン、ほうれん草、トウモロコシ、春菊、小松菜、クレソン、さつまいも、長芋、レンコン、ルッコラ、水菜、おくら、かぶ、かぼちゃ、etc。

酵素を含む野菜は、まだまだたくさんあります。

次に2の果物。

やはり新鮮な果物にもたくさん酵素が入っています。

あんず、イチゴ、オレンジ、キウイ、パイナップル、マンゴー、みかん、リンゴ、レモン、グレープフルーツ、梨、バナナ、etc。

果物も他にたくさん酵素を含むものがあります。

3番目として、発酵食品。

発酵食品にも酵素がたくさん含まれてます。

納豆、味噌、醤油、ヨーグルト、チーズ、梅干し、ぬか漬け、塩麹、etc。

最後に、その他の食品。

例えば、ハチミツ、エクストラバージンオイル、オリーブオイル、ごま油、etc。

酵素を含む食品は、とってもたくさんあります。

たぶん、多くの人が知らず知らずにたくさんの酵素を含む食品を摂っているはずです。

しかし、実は、昔に比べて現代の日本人は、酵素を含む食品を摂る量が減っているようです。

それが、体調不良、がんや高血圧などの成人病の増加、アレルギー疾患の増加の根本原因であるという人もいます。