酵素を浪費しないための食事時間

限りある酵素を有効に使うには?

体内の酵素は無限にあるわけではなく、限りがあります。

ですから、酵素を無駄に使わないように食事を摂る時間というのも注意することが大切になります。

アメリカで始まった自然健康法「ナチュラルハイジーン」では、人間の生理を3つの時間に分けています。

それは、

1、午前4時~12時 「排泄の時間」
2、正午~午後8時 「栄養補給と消化の時間」
3、午後8時~午前4時 「吸収と代謝の時間」

です。

1は、体内の毒素を排泄する時間です。

例えば、朝起きて、おしっこをしたり、汗をかくなどがこれに当たります。

この時間は、消化器官などもまだ完全に動いているわけではないので、食事は消化のよいものがオススメです。

胃腸に負担がかからないので、消費される酵素を節約できます。

タンパク質などの消化に時間がかかるものは、酵素をいっぱい使っててしまうので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

2は、栄養を補給して、消化する時間です。

臓器の働きがだんだんと上がっていき、消化する能力もアップしていきます。

昼食は正午~午後2時ぐらい、夕食は午後7時ぐらいに摂れば、消化がスムーズに行われるので、消化酵素を節約できます。

3は、吸収と代謝の時間です。

この時間は、体内に摂り入れた食べ物を消化し、吸収します。

新陳代謝が活発になり、細胞を活性化して再生したり、不要なものを外に排出するための準備をします。

1~3をきっちり守り習慣化すると、体内酵素の節約になり、健康や美容にとてもよいのです。

一方、こんな習慣は、酵素を無駄に使ってしまいます。

・夜遅くに食事をする
・夜更かしをする
・朝遅くまで寝ている
・食べるカロリーが多い
・偏食である
・etc

要するにメタボになるような生活習慣はよくないのです。

一般的に言われる健康に良いと言われる生活習慣をすることが、最も酵素の節約になります。