酵素を無駄にしない食べ方

病気の時は食べない方がむしろよい

多くの現代人は、酵素の無駄使いをしています。

そして無題使いをしないためには、酵素を摂ることが大事です。

では、どのような食べ方をすれば、酵素を無駄にしないで済むのでしょう。

それは、

・少食にする
・低カロリー食にする
・自然な生の食事を摂る
・発酵食品を摂る

の4点です。

逆に酵素を無駄にしてしまう食べ方は

・過食をする
・加工食品を摂る
・インスタント食品を摂る
・砂糖を大量に使った料理を食べる
・菓子類などを食べる
・アルコールを飲む
・精製食品(白米、精白小麦など)を摂る
・残留農薬野菜を食べる
・加熱処理をする
・生の種を食べる(酵素抑制物質が含まれるため)

などです。

以外に、無駄にしてしまうような食べ方をしているのではないでしょうか。

私達は便利さにかまけて、酵素を無駄にしていることが多いのがわかると思います。

特に病気の時は、免疫機能をより強く働かせるために、代謝酵素がたくさん必要になります。ですから、消化酵素を使わないようにするのがベターです。

そのため、病気の時ほど少食の方がよいということです。

実際に病気になると食欲がなくなったりしますが、この時は、消化酵素を節約するために、身体がそのような反応をしたのでしょうね。

人間の身体って本当によくできています(^^)。