酵素ドリンクにはどのような効果があるのか?

酵素ドリンクにはどのような効果があるのかですが、

酵素にはどのような効果があるのか?

で書いたように

「生命を健康に維持する」

という効果があります。

固体の酵素に比べると、液体のために飲みやすいという利点があります。

そのため、短時間で、多くの酵素を取るのに都合がよいので、忙しい現代人には、うってつけと言えるでしょう。

食材によって酵素ドリンクの効果はこんなに違う

具体的な効果は、酵素ドリンクを使う食材の効果によって変わります。

例えば、

キャベツ:ビタミンUにより粘膜修正作用や整腸作用がある
パセリ:アピオールによる快眠作用がある
グレープフルーツ:苦味成分のナリンジンは爽快感を感じさせ、ストレス解消効果がある
ほうれん草:ビタミンC、B、カルシウムが豊富で、美容、ストレス解消、リラックス効果がある
レタス:ビタミン、ミネラル、食物繊維を含み安眠効果があるとされる
長芋:でんぷんが豊富で疲労回復、免疫力アップに効果がある
アスパラガス:アスパラギン酸を多く含み、スタミナを強化する
ぶどう:糖質が即効性のある栄養補給となる
レモン:クエン酸を含み、体内のエネルギー生産を活性化させる
モロヘイヤ:消化促進し、食欲不振を改善、夏バテ予防をする
アボガド:栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維がいっぱい。
ニンジン:βカロテンやリコピンが豊富で、美肌効果、老化防止、アレルギー抑制効果などがある
れんこん:不溶性食物繊維を含み、便秘改善効果がある
とうもろこし:ビタミン、ミネラルの他に食物繊維が多く、便秘改善効果がある
パプリカ:カリウムを含み、余分な水分を排出する利尿効果がある
かぼちゃ:βカロテンが多く、粘膜や皮膚の抵抗力を高めたり、老化予防によい
ブロッコリー:スルフォラファンが血液をきれいにし、活性酸素を除去する
トマト:リコピンが活性酸素を除去、血流をよくして脂肪の消化を助ける
ごぼう:食物繊維が豊富で、悪玉菌排出効果がある。イヌリンは利尿作用があり、血糖値を改善する
りんご:ビタミンが豊富で美容効果がある。また、ケセルチンが重金属を排出、カリウムは利尿作用があるさらに、食物繊維によるデトックス効果もあり
小松菜:イソチオシアネートが有害物質を尿で排出する

など。

素材それぞれの特色があるので、効果、見た目、味などを考慮しながら、素材を組み合わて酵素ドリンクを作ります。