酵素ドリンクは非加熱がよい

酵素は熱に弱い

酵素は、生の野菜や果物などにたくさん含まれています。

ですから、本来は、生野菜や果物を食べることで、酵素を体内に取り入れることができます。

一般に酵素は熱に弱くて48度から60度に加熱されると死んでしまうと言われています。

*中には高温や低温でも平気な酵素がいますけれどもね

だから野菜を炒めて食べたり、温めて食べると酵素はあまり摂れなくなるってことです。

私達の食生活を考えると、煮たり焼いたりして食べることは多いですよね。

だから、「野菜をいっぱい食べてます」って人でも酵素は案外摂れていなかったりするんです。

酵素ドリンクを作る時は熱を加えない

酵素ドリンクを作る場合、熱を加えないで作ると酵素が生きたままの酵素ドリンクとなります。

例えば、手作りの場合にジューサーを使う時、使いジューサーは低速タイプのものがよいと言われています。

なぜなら、高速で回転させて野菜をジュースにすると熱が高くなり酵素が死んでしまう恐れが高くなるためです。

また、市販の酵素ドリンクを購入する場合も、非加熱で作られているかをチェックしたほうがいいでしょうね。

まあ、メーカーは当然、このような基本は心得ているでしょうからちゃんと非加熱で作っているはずです。

ですが、商品の説明書きにきちんと”非加熱”って書いてあると、消費者としては安心できますよね。