酵素ドリンク(ジュース)が発酵しない場合

酵素ドリンクは野菜や果物を発酵させることで作ります。

発酵しているか、していないかは、見た目でわかります。

発酵すると、表面が白く泡立ってきます。

ですが、中には

「発酵しない」

という場合もあるようです。

*発酵しているのに泡が見えない場合もあります

発酵させるための条件

発酵は温度が高い季節にはしやすいのですが寒い季節にはしにくいです。

ですから、温度が低くて発酵が進んでいない可能性があります。

発酵させるためには、微生物が発酵しやすい温度に保管すればよいでしょう。

また、発酵させるためには、

「手でかき混ぜること」

が大切です。

手でかき混ぜることで、手の皮膚にいる常在菌が、発酵を促すからです。

ただし、かき混ぜ過ぎることで発酵が進み過ぎてしまい、泡の状態を通り過ぎてさらに発酵が進んで発酵していないように見える場合があるようです。

そのため、かき混ぜ過ぎないようにすることも大事です。

まとめると、うまく発酵させるためには、

・発酵しやすい温度にする
・かき混ぜ過ぎないようにする

を注意するようにしましょう。