防止できる老化と防止できない老化

誰しも歳をとると老化をします。

ですが老化には防止できる老化と防止できない老化があります。

防止できない老化とは?

防止できない老化とは、細胞の機能が低下することやホルモンが少なくなっていくことです。

これらは、なかなか防止できません。

防止できる老化とは?

防止できる老化とは、活性酸素による酸化、タンパク質の糖化などです。

これらは、食生活やライフスタイルを見直すことで、防止が可能です。

例えば、活性酸素による酸化は、抗酸化物質と呼ばれる食材を摂ることで防止することができます。

抗酸化物質を含む食材の成分は、にんじんに含まれるベータカロテン、レモンやキウイに含まれるビタミンC、アーモンドやかぼちゃに含まれるビタミンE、リンゴや大事などに含まれるポリフェノールなどです。

もし、これらの食材をジュースにして毎朝飲めば、簡単に活性酸素の増加を防ぎ、アンチエンジングにつながります。

また、食べ過ぎやストレスなどを解消することで、活性酸素は減ります。

タンパク質の糖化を防ぐには、穀類、芋類、お菓子、アイスクリームなどの糖質の多い食材を極力、摂らないようにすることで可能になります。