冷え症だと酵素がうまく働かない

酵素が十分に働く温度 人間の体内で一番、酵素が働く温度は36.5前後と言われます。 酵素は温度が高すぎても低すぎても働きが悪くなります。 例えば、冷え症などで体温が低いと酵素がうまく働きません。 だから、冷え症な人は免疫機能などが落ちて、病気になりやすかったり、病気になったら治りにくかったりするのです。 冷え性は特に女性に多いので、女性は酵素不足に陥っているのかもしれません。 原因は、ダイエットや... 続きを読む⇒


酵素と食べても、酵素の働きをしない

食物の酵素を摂っても意味がない? 美容や健康のためには、 「酵素を含んだ食品をたくさん食べたほうがよい」 と言われます。 でも、酵素をいくら摂っても摂った酵素が酵素の働きをするわけではないんです。 「えっ」 って思いましたか? 食物から摂った酵素はそのまま働くのではなく、いったん分解されるのです。 そして、その分解された成分が元になって酵素を作り出すのです。 だから食べたり飲んだりすることは大事な... 続きを読む⇒


身近な酵素、「アルファーアミラーゼ」

唾液はただものじゃないですよ 私達にとって最も馴染み深い酵素があります。 それは、唾の中にあります。 唾とは口の中からでてくる唾液のことです。 この中には「アルファーアミラーゼ」という酵素が入っています。 この酵素は、デンプンを分解して糖に変えます。 ご飯やパンなどをよく噛んでいると甘くなってきますよね。 これは、アルファーアミラーゼが働くことで、テンプンが糖に変わったので甘く感じたのです。 唾液... 続きを読む⇒


美味しい水が酵素には不可欠

水がないと酵素は働かない 酵素が人間にとって大事だということは、何度もお話ししてきました。 酵素なしでは、人間は生きられません。 ですが、この大事な酵素が働くために必要なものがあります。 それは、「水」です。 人間の身体の中では、様々な化学反応が行われていて、その仲立ちをするのが酵素であり、その全体に水が不可欠です。 酵素はとても繊細で、どんな場所でも活動できるわけではありません。 水分がなかった... 続きを読む⇒


酵素はどのような働きをするのか?

酵素はすべての生命活動に関わっています。 酵素の働きは、 ・食べ物の消化、吸収 ・身体の動作すべて ・排泄 ・ホルモンバランス調整 ・新陳代謝 ・内蔵の働き ・細胞の再生 ・遺伝子の働き ・etc まだまだその他にもたくさんあります。 ですから、”酵素の働き”と言っても多種多様であり、すべてを語り尽くすのは無理です。 ですが、酵素の働きを簡単に言えば 「生命活動で生じる化学反応の触媒となっている」... 続きを読む⇒