酵素と発酵の違いとは?

酵素と発酵ってどんな違いがあるのでしょう?。 どちらも、”酵”という文字が入っているので関連はありそうですよね。 酵素とは、 「生命活動するために必要な化学反応の触媒」 です。 一方、発酵とは、 「微生物を利用することで、食品を新たに作り出すこと」 です。 発酵させるためには、微生物が必要 微生物は酵素を作り出して、発酵させます。 微生物がいるからこそ発酵食品が作られ、私達人間はその恩恵を手に入れ... 続きを読む⇒


酵素の力で作られるいろいろな発酵食品

微生物はまるで魔法使い 微生物が作り出す酵素により多種多様な発酵食品が作られています。 味噌、醤油、お酢、みりん、塩辛、納豆、漬物、パン、ヨーグルト、チーズ、バター、日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウィスキー、ピクルス、メンマ、コチュジャン、ヴィネガー、カツオ節、サラミ、ナタデココ、ウーロン茶、紅茶、etc。 ちょっと調べただけでもこれだけあります。 過去から現在までに、いかにたくさんの種類の発酵食... 続きを読む⇒


酵素を含んでいる食べ物にはどんなものがあるか?

酵素はありとあらゆる動植物の中にあります。 つまり、どんな食べ物にも酵素が含まれているってことです。 でも、酵素を多く含む食品というものがあります。 それは、 1、野菜 2、果物 3、発酵食品 4、その他食品 です。 まず1の野菜。 新鮮な取りたての野菜にはたくさんの酵素が含まれています。 例えば、 レタス、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、大根、モロヘイヤ、トマト、パセリ、パプリカ、ピーマ... 続きを読む⇒